オンライン版 楠田實資料(佐藤栄作文書)

閉じる

本データベースについて

 本データベースは、近現代日本政治史に関する重要かつ稀少な原資料を収録するデータベースです。外交から内政までの各種政策資料や、インタビュー・ヒアリング記録、日記・手帳、メモ、書簡、直筆原稿・草稿など多彩な資料で構成されています。収録コンテンツは、横断検索が可能です。

詳しい使用方法については、こちらをご覧ください。

 

■2019年7月現在、収録コンテンツは下記の通りです。

 

第一弾:オンライン版 楠田實資料(佐藤栄作官邸文書)

 佐藤栄作の首席秘書官 楠田實が残した佐藤政権関連の文書(「楠田實資料」)、約4,500件を収録しています。目録には、編者による詳細な注も付しています。

 

第二弾:オンライン版 大平正芳関係文書

 第68・69代内閣総理大臣をつとめた大平正芳(1910〜1980)が残した膨大な文書群。大平正芳自筆の日記・手帳から、書簡、外務省や通産省などの官庁資料、国会答弁・演説用の原稿資料、選挙関係資料、さらには大平の回想録執筆にあたって行われた政財官の重要人物へのインタビュー記録など、膨大かつ多様な原史料で構成されています。

 

第三弾:オンライン版 矢部貞治関係文書

 戦前戦後を通じて現実政治に深く関わった政治学者・矢部貞治(1902-1967)の旧蔵資料。矢部の日記、ノート等の自筆資料や書簡のほか、戦前から戦後にかけて矢部が関わった諸団体の内部資料など、膨大な原資料で構成されています。

 

 本データベース収録にあたっては、収録資料のすべての執筆者(著作権継承者を含む)を対象として、転載許可をいただくために著作権台帳、各種紳士録、インターネット等によってご連絡先の調査をいたしております。本データベース掲載に許諾をくださった執筆者・著作権継承者の皆様に感謝申し上げます。まことに残念ながら、未だ著作権者・継承者の連絡先が不明な資料もございます。著作権継承者ご本人または著作権者の連絡先に関する情報をお持ちの方は、こちらからご連絡いただければ幸甚です。

▲ページのトップへ戻る