オンライン版 大来佐武郎関係文書

大来佐武郎関係文書について

 戦後を代表するエコノミスト・経済官僚、大来佐武郎(1914-1993)の未公刊の日記、手帳、ノート200冊以上を収録。1930年代から90年代まで、大来がそれぞれの要職で参加した国内外の会議要録をはじめ、海外出張時の詳細なスケジュール、各国要人との会談内容等が丹念に記されている。

 「近現代史料データベース」のコンテンツとして、他のコンテンツとの横断検索が可能。

 日記、手帳、ノート、日誌類の利用については、資料の性質に鑑み、とりわけ下記項目に留意し、適正にご利用ください。

1.学術研究目的に限ること。
2.プライバシーの保護や人権への配慮に留意すること。

更新情報

2019年12月6日
【大来佐武郎関係文書リリースのご案内】「大来佐武郎関係文書」の配信を開始いたしました。トライアルのお申し込みはこちらから