オンライン版 矢部貞治関係文書

矢部貞治関係文書について

 戦前戦後を通じて現実政治に深く関わった政治学者・矢部貞治(1902-1967)の旧蔵資料。矢部の手元に残された約6,000点に及ぶ膨大な原資料を収録。

 戦前から60年代後半までをカバーし、矢部の自筆資料や書簡のほか、戦前から戦後にかけて関わった諸団体――昭和研究会、海軍省・海軍大学校、憲法調査会、行政審議会、公安審査委員会、選挙制度審議会、明治百年記念準備委員会などの内部資料で構成されている。激動の昭和史に迫る第一級の史料群。

 「近現代政治外交史データベース」のコンテンツとして、他のコンテンツとの横断検索が可能。

更新情報

2018年11月26日
 【矢部貞治関係文書リリースのご案内】戦前戦後を通じて現実政治を生きた政治学者・矢部貞治(1902-1967)の膨大な旧蔵資料「矢部貞治関係文書」の配信を開始いたしました。トライアルのお申し込みはこちらから